信用情報になんの影響もない過払い金請求

信用情報になんの影響もない過払い金請求

「過払い金請求したら情報情報機関にのるの?」

弁護士をしていたときにこんな相談をうけていました。

結論をいいますと、信用情報機関にはクレジットカードを利用したり、ローンを契約した時点ですべての人が登録されており、過払い金請求をしたことで信用情報機関に掲載されることはありません。

ただし、信用情報機関にのせられる異動情報(ブラックリスト)については注意が必要です。

異動情報にのせられてしまうと、クレジットカードやローンの契約をすることができないからです。

このページでは信用情報や、異動情報について詳しくお伝えしていきます。

1.信用情報に異動情報として登録されない過払い金請求

1-1.異動情報がのってしまう信用情報ってなに?

信用情報というのは、クレジットカードや各ローンの契約内容、支払い状況や残高などが記載されているもので、個人でクレジットカードを契約したときやローンを組もうとしたときに、貸付する会社がお客様の返済能力があるかどうかを会社が確認するときに使用されます。

「個人信用情報機関の利用および登録」という項目を確認した上でサインをした上で、クレジットカードやローンの契約をしているので、ヤミ金など貸金業者として登録されていない業者を除き確認することができます。

1-2.異動情報にのってしまう場合

貸金業者とマイナス要素となる取引をおこなった場合、信用情報機関に異動情報として登録されます。

異動情報が信用情報に掲載されると、住宅ローンを契約したり、クレジットカードを新規で契約することができなくなる可能性があります。

異動情報として登録されるものとして以下のものがあげられます。

借金の延滞をしてしまった場合

借金の返済が遅れてしまった場合、異動情報に掲載されることになります。

異動情報として記載されてしまう返済期間は、「返済日から61日以上、または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの」と信用情報機関で定義されています。

クレジットカードや住宅ローンなどで債務者が支払いを延滞し続けると、保証会社が代わりに借金を支払うという仕組みを代位弁済といいます。

代位弁済した場合も異動情報に掲載されます。

貸金業者から強制解約となってしまった場合

貸金業者から強制解約されてしまう理由は

・返済日から61日以上、または3ヶ月以上の支払い延滞があるもの

・規約に違反する行為

・クレジットカードの現金化


以上が考えられます。

債務整理

任意整理や特定調停、自己破産や個人再生の手続きをして場合、信用情報に掲載されてしまいます。

1-3.ローン・クレジットカードの契約審査に影響しない過払い金請求

以前は、過払い金請求をすると「契約見直し(コード71)」というものが異動情報として登録され、クレジットカードやローンの契約に影響を与えていました。

今は、このコードも無くなり信用情報機関に過払い金請求をしたという履歴が残ることはないため、クレジットカードや住宅ローン、カーローンの審査に影響を及ぼすということはありません。

ただし、過払い金請求した貸金業者のカードは使用することができないので、支払先を別のカード等に変更する必要があります。

2.自分で確認できる異動情報

異動情報は、信用情報機関に開示請求をすれば見ることができます。

ただし、信用情報が登録されている信用情報機関は、3つの種類があり取引する会社によってのせられる信用機関が異なります。

・JICC株式会社日本信用情報機構

消費者金融系の信用情報を取り扱っている機関ということで知られていますが、金融庁の指定信用情報機関でもあります。

この機関は以前、テラネット、全国信用情報センター連合会、CCBの3社が統合してできた日本で一番古い信用情報機関です。

・CIC株式会社シーアイシー

主にクレジットカードの信用情報は登録されている会社で、信販会社や消費者金融、銀行などの信用情報も取り扱う機関です。

・KSC全国銀行個人信用情報センター

一般社団法人全国銀行協会が運営している機関なので、自己破産などの情報も記載しておりますが、主な役割は他と変わりません。

2-1.信用情報を開示する手続き方法

自分に異動情報があるのかないのかというのは、信用情報機関に開示請求をすれば確認することができます。

開示請求する方法についてお伝えします。

JICCへ開示請求手続き方法

JICCは、スマートフォンと郵送で開示請求した場合は1週間、窓口で請求した場合は当日中に確認することができます。

必要なもの

開示請求するときは、本人確認書類が必要になります。


1点で十分なもの

・運転免許証or運転経歴証明書
・パスポート
・写真付住民基本台帳カード
・マイナンバーカード
・在留カードまたは特別永住者証明書
・各種障がい者手帳

2点必要なもの

・各種保険証
・各種年金手帳
・住民票
・印鑑登録証明書
・戸籍謄本または戸籍抄本

スマートフォンの開示請求方法

1.専用アプリをダウンロード
2.利用規約の確認
3.パスワードの発行・入力
4.申込内容の入力、本人確認書類の撮影・送信
5.開示手数料の支払方法を選択・郵送

スマートフォンで開示請求する時の流れを大きくわけると、3つにわかれています。

まずは、専門のアプリをダウンロードして、利用規約の確認をして申込内容を入力していきます。

次に、入力した情報が記載されている本人確認書類の撮影をして送信します。

最後は、開示請求にかかる費用をコンビニ支払いやクレジットカード払いなどの中から支払い方法を選択して、開示書が届くのを待ちます。

JICCの開示書が届くまでは、早いと3日程度で届きますがすべて手作業なので、時間がかかるケースもあります。

郵送の開示請求方法

1.信用情報開示申込書に必要事項の入力・印刷
2.信用情報開示申込書、手数料、本人確認書類の送付


郵送で開示請求する場合は、大きく2つの流れがあります、

まずは、信用情報開示申込書をインターネットからダウンロードします。

印刷したあとに、JICCのホームページを見ながら必要事項を入力していきます。

そして、以下の送付先に送ります。

書類送付先

〒530-0003

大阪府大阪市北区堂島1-5-30堂島プラザビル6階

株式会社日本信用情報機構 開示窓口宛

窓口の開示請求方法

1.必要書類の用意
2.JICCの窓口へ行く
3.申込みと本人確認

実際に窓口で開示請求をする場合は、東京開示センター・大阪開示センターに直接言って窓口で申し込みをします。そのときに、必要なものに記載されている書類が必要になります。

CICへ開示請求する手続き方法

CICは、郵送で請求した場合は1週間ほどかかりますが、インターネット及び窓口で請求した場合は、当日確認できます。

必要なもの

運転免許証or運転経歴証明書
マイナンバーカード
写真付住民基本台帳カード
パスポート
各種健康保険証
各種年金手帳
各種障がい者手帳
在留カードまたは特別永住者証明書
住民票、戸籍謄本または戸籍抄本
印鑑登録証明書

スマートフォンの開示請求方法

1.CIC専用アプリをダウンロード
2.CIC利用規約の確認
3.クレジットカードの情報を入力
4.申込内容の入力、本人確認書類の撮影・送信
5.パスワードの発行・入力
6.15秒後にデータで確認

CICに開示請求を、スマートフォンでする場合は大きくわけて3つの手順があります。

基本的には、JICCの手段と同じなので上記の手順を流れにそってすが、使用しているクレジットカードの情報が必要になります。

CICはクレジットカード会社の信用情報が記載されている機関なので、クレジットカードを契約したことがない方は、情報が記載されていません。

申込内容を入力していただくと、パスワードの発行をして手続き完了になります。

手続きが完了するとそのままお待ちくださいという画面が表示されるので、表紙されたら発行したパスワードを入力すると確認することができます。

郵送での開示請求方法

1.CICのPDFファイルダウンロード・印刷
2.1000円分の定額小為替証書を購入
3.「信用情報開示申込書と本人確認書類」と「手数料」を郵送

CICに郵送で開示請求をする場合は、インターネットにある請求用のページをダウンロードして、ゆうちょ銀行で1000円分の定額小為替証書を用意し、指定されている本人確認書類を同封して郵送します。

郵送で発送する場合は、手数料として定額小為替証書を準備する手間がかかってしまいます。郵送先については、以下の住所となります。

送付先

〒160-8375

東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階

(株)シー・アイ・シー 首都圏開示相談室 宛

窓口の開示請求方法

1.KSCの利用規約に同意・個人情報の入力
2.PDFファイルをダウンロード
3.利用番号の確認
4.受付番号を取得
5.お客様情報の入力
6.開示報告書のプリントアウト

実際に窓口で開示請求をする場合は、首都圏開示相談室、北海道開示相談室、東北開示相談室、中部開示相談室、近畿開示相談室、中四国開示相談室、九州開示相談室に直接言って窓口で申し込みをします。

そのときに、必要なものに記載されている書類が必要になります。

KSCへ開示請求する手続き方法

KSCは開示請求の手段が郵送だけで、手元で確認するまで1週間かかります。

必要なもの

以下の中から2つのものを用意してください。


運転免許証
運転経歴証明書
パスポート
住民基本台帳カード
マイナンバーカード
在留カードまたは特別永住者証明書
各種健康保険証、公的年金手帳
戸籍謄本or抄本の原本
住民票の原本
印鑑登録証明書の原本

郵送の開示請求方法

1.登録情報開示申込書のダウンロード・印刷
2.情報開示申込書と手数料と本人確認資料の送付

KSCに郵送で開示請求をする場合は、インターネットにある請求用のページをダウンロードして、必要事項を記載したあと、指定されている本人確認書類を同封して郵送します。

郵送先については、以下の住所となります。

送付先

〒100-0005

東京都千代田区丸の内2-5-1 一般社団法人全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター

3.過払い金請求に強い事務所

信用情報にのっていなければ、過払い金請求をすることができます。

過払い金が発生しているのかどうかを専門家へお問い合わせください。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金返還金額 月5億円
  • 過払い金返還金額が月5億円という圧倒的な過払い金請求の実績があります。過払い金返還の金額は、週刊ダイヤモンド誌にて日本一で紹介されています。事務所は全国に8事務所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、該当地域以外では出張相談を利用できます。

    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・高知・愛媛(松山)・岡山・広島・熊本と全国に7ヶ所あります。過払い金返還累積90憶円以上の実績ある事務所です。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90憶円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 費用は成功報酬制
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。状況に合わせた手続きを提案してくれます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。借金がどれくらい減額されるのかを無料診断。過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.5
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は費用においては、分割払いにしっかり対応しています。安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応なので、平日時間がとれない場合も安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事