過払い金請求で損しないために押さえるべき注意点ガイド【完全版】

過払い金請求で損しないために押さえるべき注意点ガイド【完全版】

「リスクやデメリットにのらないためにはどうすればいいの?」

と弁護士や専門家に相談する方が多いと聞きますが、リスクやデメリットにのらないためには


・過払い金請求の現状

・個人の借入状況

・自分でやるか個人でやるか

・話し合いなのか交渉するのか


それぞれの注意点を抑える必要があります。

注意点さえ抑えればデメリットやリスクを避けられることがほとんどなので過払い金請求で注意すべき点についてお伝えします。

過払い金請求で失敗したくないなら杉山司法書士事務所

\消費者金融から恐れられる/

過払い金には請求には期限があり、時効が成立すると過払い金請求ができません。過払い金が取り戻せなくなる前の早い手続きがおすすめです。

また時効はひとりひとり異なります。過払い金請求がいつまでできるかを知りたい場合は杉山事務所の無料相談をご利用ください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

1)過払い金請求の注意点

1-1.過払い金ってなに?なんで過払い金ができたの?

お金を貸金業者から借りるときは、法律でいくらまで金利をつけていいのか(上限金利)というのが定められていて、現在は利息制限法で最大20%の金利が付けられることになっています。

以前までは出資法の29.2%の金利が付けられていてため、20%〜29.2%の金利の間で過去に借入をしていた場合、払いすぎていた利息つまり、過払い金が発生していることになります。

過払い金請求というのは、過払い金を貸金業者に請求をして取り戻すことをいいます。

2010年以前に利息制限法が適用されたので、それより前に借り入れしたことがある人は過払い金請求をおこなうことができる確率が高いです。

ただし、過払い金請求には注意点があり、注意点を抑えないと過払い金が返ってくるはずの請求が返ってこないということもあるので読んでから過払い金請求をしてください。

1-2.請求した貸金業者からは借入ができない

過払い金請求をおこなった貸金業者からは、借入をすることができなくなりますが、決してブラックリストにのったからという理由ではないので安心してください。

また、請求先以外の貸金業者からは借入できるのでお金が必要な状況になったら借りましょう。

1-3.貸金業者によって返還率や返還期間が違う

貸金業者の返還率は、同じではなく会社の経営状況や過払い金請求の対応方針というものが異なるので、じぶんがおこないたい貸金業者がどのような対応をしているのか確認が必要です。

1-4.貸金業者の経営状況で返還率は変わる

過払い金請求をおこなう貸金業者の経営状況が悪くなってしまうと、過払い金請求をおこなっても返還金額が少なくなってしまいます。

請求するかしないかを迷っている間に悪化して倒産してしまうということもあるので注意が必要です。


ー倒産してしまった貸金業者一

SFコーポレーション(三和ファイナンス)

丸和商事(ニコニコクレジット・ダイレクトワン)

NISグループ(ニッシン・オリエント信販)

武富士

マキコーポレーション

アエル(日立信販・ワールドファイナンス・ナイス)


過払い金請求で失敗したくないなら杉山司法書士事務所

\消費者金融から恐れられる/

過払い金には請求には期限があり、時効が成立すると過払い金請求ができません。過払い金が取り戻せなくなる前の早い手続きがおすすめです。

また時効はひとりひとり異なります。過払い金請求がいつまでできるかを知りたい場合は杉山事務所の無料相談をご利用ください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

2)状況ごとの過払い金請求の注意点

過払い金請求をする上で注意することは、相談者の借入状況によって変わってくるので、


①完済している

②返済中である

③完済と返済中の両方ある


の3つの状況の説明をしていきます。

2-1. 完済後に過払い金請求をする場合の注意点

過払い金請求の注意点はない

完済後の借金で発生した過払い金を請求する場合は、過払い金請求で注意するべきことはありません。

信用情報機関に登録されることもないので安心してください。

請求先が倒産したり過払い金の時効がきた場合、過払い金請求をすることができなくなります。

貸金業者が倒産してしまう場合

過払い金請求をしようとしたけど、貸金業者が倒産してしまったという場合ですが、いくら過払い金が発生していたとしても、返還される金額が極端に少なくなることや、最悪の場合過払い金が返還されないということがあります。

過払い金請求中に倒産してしまった場合も、過払い金が返還されるタイミングが大幅に遅れてしまったりします。

完済後の過払い金請求で失敗したくないなら杉山司法書士事務所

\消費者金融から恐れられる/

過払い金には請求には期限があり、時効が成立すると過払い金請求ができません。過払い金が取り戻せなくなる前の早い手続きがおすすめです。

また時効はひとりひとり異なります。過払い金請求がいつまでできるかを知りたい場合は杉山事務所の無料相談をご利用ください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

2-2. 返済中に過払い金請求をおこなう場合の注意点

過払い金請求前におこなう引き直し計算で、


アコムへの借金が50万円、発生した過払い金が50万

アコムへの借金が50万円、発生した過払い金が30万


となったとき、①の場合は完済後の過払い金請求の注意点となるのでそちらを見てください。

② に当てはまる場合は、返済中の注意点をみてください。

ブラックリストにのってしまう

借金を返済中に過払い金請求をおこなうと、発生した過払い金よりも返済中の借金の方が多ければ、手続き内容が任意整理となります。

任意整理になった場合は、信用情報機関登録されブラックリストにのることになるので、新規でローンを組むことができなくなったり、クレジットカードが作成できなく可能性があります。

ブラックリストには期限がある

ブラックリストにのる期間は5年間と定められているので、その期間を過ぎればローンを組むことができるし、クレジットカードの作成もできるようになります。

返済中の過払い金請求で失敗したくないなら杉山司法書士事務所

\借金がいくらあるか無料診断いたします/

過払い金がいくら発生しているのかは状況によって異なるのでみなさんそれぞれ違います。発生している過払い金で借金を完済できることもあるので、まずは無料相談で過払い金がいくらあるのかを診断してみてください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

2-3. 完済後と返済中の過払い金請求をおこなう場合の注意点

発生した過払い金請求は貸金業者ごとに請求する

下記の例でいうと、プロミスはプロミスにアコムはアコムに過払い金請求をします。

完済後と返済中の2つの例


プロミスへの過払い金が100万、アコムへの借金が100万、過払い金が50万

プロミスへの過払い金が100万、アコムへの借金が160万、過払い金が40万


プロミスに対して過払い金請求をする場合は、どちらも完済後の過払い金請求をみてください。

アコムに過払い金請求をおこなう場合、①と②ふたつとも借金の方が多くなるので、返済中の過払い金請求の注意点をみましょう。

完済後の過払い金で、返済中の借金を完済する

① の場合は、プロミスの過払い金請求をおこなった後に、戻ってきた過払い金でアコムへの借金を返済してしまえば、すべての借金を完済することもできます。

完済後の過払い金請求で失敗したくないなら杉山司法書士事務所

\消費者金融から恐れられる/

過払い金には請求には期限があり、時効が成立すると過払い金請求ができません。過払い金が取り戻せなくなる前の早い手続きがおすすめです。

また時効はひとりひとり異なります。過払い金請求がいつまでできるかを知りたい場合は杉山事務所の無料相談をご利用ください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

2-3.クレジットカード会社に過払い金請求をおこなう注意点

キャッシング残高しか過払い金請求できない

過払い金請求をおこなうことができるのは、キャッシング枠だけですが、ショッピング枠も過払い金請求に関係します。

ショッピング枠の残高を注意しよう

キャッシング枠の過払い金請求をおこなうときに、【ショッピング枠の残高】の方が【キャッシング枠で発生した過払い金】よりも多い場合は、ブラックリストにのってしまうので事前にショッピング枠の残高を確認しましょう。

また、確認するクレジットカードは1種類だけではないので注意が必要です。確認するべきクレジットカードは以下の3つです。


・同じ会社で発行されている他のブランドカード

・請求先の会社に合併する前の会社のクレジットカード

・請求先の業者が保証会社となっている銀行カードローン


クレジットカードを使用できなくなる

過払い金請求先のクレジットカードは、請求後は使用することができなくなるので、公共料金や携帯電話の料金など引き落とし先を設定している場合は、他のクレジットカードに変更するなどの処置をしましょう。

ひとつのクレジットカードを請求する場合は、以下のカードも使用することができなくなります。


・同じ会社で発行されているETCカード

・同じ会社で発行されている他のブランドカード

・請求先の会社に合併する前の会社のクレジットカード


>

また、過払い金請求をしたからといって、他会社のクレジットカードを作成できなくなるということはないので安心してください。

クレジットカードの過払い金請求で失敗したくないなら杉山司法書士事務所

\消費者金融から恐れられる/

クレジットカードの過払い金には請求には期限があり、時効が成立すると過払い金請求ができません。過払い金が取り戻せなくなる前の早い手続きがおすすめです。

また時効はひとりひとり異なります。過払い金請求がいつまでできるかを知りたい場合は杉山事務所の無料相談をご利用ください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

3)過払い金請求を自分・専門家がおこなう注意点

ここまでは、状況別の過払い金請求についてお伝えしましたが次は過払い金請求を自分でおこなうのか、弁護士・司法書士の専門家に依頼するのかの説明をします。

その前に過払い金請求の流れについて確認しましょう。


過払い金請求の流れ

1STEP 取引履歴の取り寄せ

貸金業者からどれくらいお金を借入して、どれくらいの期間でどれほどのお金を返したのかというのがわかる取引履歴というのを取り寄せます。

2STEP 引き直し計算

 

過払い金がどれくらい発生しているのかを明確にするために引き直し計算をします。

引き直し計算をおこなって失敗すると、戻ってくる過払い金が少なくなったり返ってくるはずの過払い金が返ってこなくなる可能性もあります。

3STEP 過払い金返還請求書の送付

過払い金返還請求書と引き直し計算書を送ります。

4STEP 話し合い(任意交渉)か裁判で和解金を確定

任意交渉で貸金業者から提案された和解金に納得いかなければ、裁判をして和解金を決定します。


自分でおこなう場合は、ここまでの一連の流れをすべておこなわなければいけません。

専門家に依頼する場合は、事務所もしくは電話で依頼するだけで大丈夫です。

では流れをふまえた上で、自分で過払い金請求をおこなう場合専門家に依頼する場合それぞれの説明をおこないます。

3-1. 過払い金請求を自分でおこなう場合の注意点

提示される和解金が少なくなるときがある

貸金業者は、司法書士や専門家などの専門家が直接交渉をするときには、高い返還率で返すことが多く業者からしても大きな負担を背負うことになり損をすることになります。

そこに、過払い金や法律の知識がない個人がくると、業者は負担を減らそうとして低い金額の和解金を提示してきたりします。

また、取引履歴の際に、過払い金が発生しているときに「過払い金をゼロしてもらった代わりに、あなたの返済の利息もゼロにするから。(ゼロ和解)」などと交渉をしてくるしてくることがありますが、サインすると発生した過払い金が返ってこないので注意しましょう。

取引履歴を後回しにされる

過払い金請求をおこなうときに、司法書士や弁護士などの国家資格をとった公的機関の組織からくる取引履歴の請求の方が優先されてしまうので、取引履歴がくるまでに時間がかかってしまいます。

過払い金請求には時間がかかる

過払い金請求を専門家に依頼する場合は、過払い金請求に時間がかかっても問題ないのですが、自分でおこなうとなると手元に返還されるまで平均して6ヶ月程度長いときは1年間かかるときがあります。

もし、ご家族がいる場合や、日中に会社員として働いている方は休まなければいけなくなります。

家族に過払い金請求が知られてしまう

貸金業者との書類のやり取りはすべてご自宅からになるので、同棲している家族がいる場合に知られてしまう可能性があります。

また、過去のケースとして会社に電話がいくというこというケースもあるので、家族に秘密にしたい人は専門家に依頼した方がいいでしょう。

引き直し計算の注意点

引き直し計算をおこなうときに間違って計算してしまった場合は、過払い金請求をしても返還される金額が減る最悪の場合返還すらされない可能性が出てきます。

過払い金請求をおこなう場合は、専門家に依頼をすれば引き直し計算をおこなってもらえるので安心です。失敗するリスクも回避することができます。


また、専門家に依頼をすると、借金返済中であれば督促を止めることができるというメリットもあります。

過払い金請求で失敗したくないなら杉山司法書士事務所

\多くの過払い金を回収したいなら/

過払い金には請求には期限があり、時効が成立すると過払い金請求ができません。過払い金が取り戻せなくなる前の早い手続きがおすすめです。

また時効はひとりひとり異なります。過払い金請求がいつまでできるかを知りたい場合は杉山事務所の無料相談をご利用ください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

3-2. 過払い金請求を司法書士や弁護士などの専門家に依頼する場合の注意点

専門家に依頼するときの過払い金請求は、おこなうべき手順はすべてプロの専門家がおこなうので、注意点とするものはないのですが専門家の選び方で注意するべき点はあります。

悪徳業者の詐欺に注意

過払い金請求をおこなうときに、かかる手数料を多くとって利益を生み出そうとする司法書士や専門家もでてきます。

中には詐欺をする専門家や発生した過払い金を着服する専門家もいます。トクするはずの過払い金請求で損をすることがないように今から説明する説明を確認してください。

司法書士や弁護士の失敗しない選び方ガイド(知識編)

費用が明確なところを選ぼう

過払い金請求を依頼するときに、かかる費用をしっかり提示してくれる司法書士・弁護士に依頼しましょう。

そのためにも、相場やかかる費用の種類を抑えておく必要があります。

過払い金請求で発生する費用の種類と相場

相談料

1時間5000円〜10000円が相場だといわれています。最近では、無料で相談をしてくれる事務所も多いので、まずは無料のところへ相談しましょう。

着手金

過払い金請求に関する手続きをする前に必要な費用です。平均すると、2万〜3万円ほどになります。

なかには、初期費用にコストをかけたくない人のために着手金を発生させない司法書士、弁護士もいます。

解決報酬金

過払い金が手元に返還されたときに、成功報酬として発生する費用で、こちらも2万〜3万円です。

相談料や着手金は発生しない専門家が成功報酬として費用をもらうケースが多いです。

過払い金が手元に戻ってこなければ、この費用が発生することもないので依頼者が損することはありません。

過払い金報酬金

過払い金が手元に戻ってきたときに発生する報酬で、任意交渉の場合20%、裁判の場合25%が発生します。

減額報酬

返済中に過払い金請求をおこなった場合、借金を減額することができるのですが減額した金額の10%が相場だと言われています。

過払い金請求の相場は、ほとんど変化しませんが中には実績がない、あるいは自信がないと理由で相場よりも下げて費用設定している業者がありますが、結果的に依頼者の利益が少なる可能性が大きいので、実績や結果を出している専門家に依頼してください。

司法書士と弁護士の違い

弁護士と司法書士は、どちらも国家資格を取得しないとなれません。

具体的に違うのは、弁護士は無制限司法書士は1社140万円までという上限金額が設定されているだけです。

弁護士だから費用が高く発生するということや司法書士だから返還される過払い金が高いというような変化はありません。

口コミサイトと専門家のサイトを見比べよう

過払い金請求で失敗しない専門家選びは、口コミサイトに書き込んであるお客様の声を読んだりオススメの過払い金請求の専門家を読んで、その専門家がしっかりとした業者なのか実績があるのかなどを確認してメールや電話の無料相談で確かめましょう。

過払い金の発生状況を押さえておこう

過払い金請求を専門家に依頼したときに着服されても、気づくことはできません。なので、事前にどれほどの過払い金が発生しているのか押さえておきましょう。

過払い金請求に強いのかを確認しましょう

司法書士や弁護士などの士業は、職業の中にも専門とする分野が決まっています。

司法書士や弁護士の場合は、交通事故の損害賠償に強い専門家や、家族の相続、刑事裁判に強い専門家など様々な種類の専門家がいるので、



・過払い金請求の交渉力

・過払い金請求の知識

・過払い金請求の実績


これらのある司法書士や弁護士に依頼しましょう。

司法書士や弁護士の失敗しない選び方ガイド(実践編)


1.口コミサイトを見てオススメのサイトを探す
2.オススメの専門家のホームページがしっかりしている
3.専門家が過払い金請求に特化していて、実績がある
4.電話やメール相談をして親切に対応してくれる

ここまで徹底すれば悪徳業者に捕まることもなく、過払い金請求でより多くの過払い金が返還されます。

過払い金請求で依頼する事務所をお悩みなら杉山司法書士事務所

\消費者金融から恐れられる/

杉山事務所は週刊ダイヤモンド誌で過払い金請求金額が日本一と取り上げられました。借金問題は毎月3000件の相談と毎月5億円の過払い金回収額を誇る事務所にお任せください。

相談者様の状況に合わせて、過払い金請求プランを提案します。まずは無料相談で相談してください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

4)話し合い・裁判をおこなう注意点

ここまでで、状況による場合と方法の注意点をお伝えしましたが最後に、話し合いで任意交渉で解決する場合裁判をおこなう場合の注意点を説明します。

4-1.任意交渉の注意点

任意交渉とは、話し合いのこと

任意交渉は過払い金請求をしたあとに、変換してもらう金額を決める話し合いのことをいいます。

返還期間が短いけど返還率が低い

任意交渉で提示された和解金額で同意をすることになるので、貸金業者と交渉をする期間は少なくなりますが、裁判をおこなうときの返還金額と比べると少ない金額になります。

また、個人でおこなうときはさらに金額が少なくなる恐れがあるので注意しましょう。

4-2.裁判をおこなう注意点

裁判をするために費用が発生する

裁判を起こすためには、収入印紙代・予納郵券代・登記簿謄本代が必要になります。

返還期間は長くなるけど返還率が高い

裁判をおこなうことになるんで、手元に過払い金が戻ってくる期間は長くなりますが、最大で5%の利息付きで返還されるほど過払い金の返還率も高くなります。

ただし、裁判をおこなうときに、取引の分断訴外和解第三者弁済などより専門となる知識が必要になるので専門家に依頼するのが早いです。

5)過払い金請求で失敗したくないなら

杉山事務所は、相談料、調査料、着手金を全て無料で過払い金請求をおこなっています。

過払い金請求をする前に、相談者様の状況をお聞きしてから、一番ベストな方法を提案させていただきます。ご納得いただけない場合は、お断りしていただいて構いませんので、安心してご連絡してください。

杉山事務所の口コミにもあるように杉山事務所は過払い金請求に特化していて、月5億円の過払い金を回収しております。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金返還金額 月5億円
  • 過払い金返還金額が月5億円という圧倒的な過払い金請求の実績があります。過払い金返還の金額は、週刊ダイヤモンド誌にて日本一で紹介されています。事務所は全国に8事務所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、該当地域以外では出張相談を利用できます。

    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・高知・愛媛(松山)・岡山・広島・熊本と全国に7ヶ所あります。過払い金返還累積90憶円以上の実績ある事務所です。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90憶円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 費用は成功報酬制
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。状況に合わせた手続きを提案してくれます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。借金がどれくらい減額されるのかを無料診断。過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.5
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は費用においては、分割払いにしっかり対応しています。安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応なので、平日時間がとれない場合も安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事