過払い金請求は安さを選ばないで。相場費用はいくらなの?

過払い金請求は安さを選ばないで。相場費用はいくらなの?

この記事では、


過払い金請求はどれくらいの費用がかかるのか

司法書士や弁護士に依頼するとどれくらい費用がかかるの


ということを書いていきます。

「過払い金費用がわからない。」「個人ですることもできるけど大変って聞く。」という疑問や不安から、司法書士や弁護士の事務所に過払い金の相談をする方はすごく多いそうです。

過払い金請求は、自分でも行う事が可能となっており、その場合は請求を行うための実費のみが掛かる事になります。自分で手続きをすることによって時間がかかり時効を迎えてしまったなんてこともあります。さらに、時間と手間、専門知識が必要となるので自信が無い場合は専門家に任せるのが賢明と言えるでしょう。今回は、過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼した場合の相場と、費用項目についてわかりやすく説明します。

早速お話を進めてます。

過払い金請求で依頼する事務所をお悩みなら杉山司法書士事務所

\消費者金融から恐れられる/

杉山事務所は週刊ダイヤモンド誌で過払い金請求金額が日本一と取り上げられました。借金問題は毎月3000件の相談と毎月5億円の過払い金回収額を誇る事務所にお任せください。

相談者様の状況に合わせて、過払い金請求プランを提案します。まずは無料相談で相談してください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求を依頼した場合にかかる費用・相場

過払い金請求をする時は、必ず費用はかかります。しかし、「費用を最低限にしたい」「できるだけ費用がかからないことをしたい」という思いがこみ上げてくるはず。 しかし、過払い金請求の費用が安ければ、手元に残るお金が安いというわけではありません。費用が安い事務所に依頼したとしても、返還される過払い金額が少額だと、戻ってくるお金は少なくなります。過払い金の返還額は依頼した事務所の対応力によっても変わるのです!

過払い金請求を弁護士に依頼する場合「着手金・基本報酬・成功報酬」の3点で報酬が必要です。下記で、「着手金・基本報酬・成功報酬」の3点についてご紹介します。

専門家に依頼する場合

過払金を請求する場合、専門家に依頼する時に費用がかかりますが、事務所によってかかる費用に幅があり、基本報酬や成功報酬などの種類があります。他にも、金額が変わる理由として、過払い金請求を話し合いで解決したのか裁判で解決したのかで費用が異なってきます。

過払金請求を専門家に依頼した場合は、日本司法書士連合会で定められた費用の上限額をもとに、各事務所で設定しています。

費用について理解していないと、取り戻した過払い金が費用の支払いで、減額されてしまい、自らが損してしまう恐れがあります。

各報酬の相場と費用については事前に理解をしていくことが大切です。

着手金とは

着手金とは、仕事をしていない段階で支払うお金です。これは、弁護士に過払い金請求を依頼した時に支払いをするもの。取引した時に、過払い金が帰ってこなかったとしても返還されないのが注意点です。

着手金の相場は貸金業者1社につき1~2万円程度

過払い金請求の手続きは短くて数ヶ月、長いと1年程度の時間がかかります。なので、依頼を受けた時点で着手金としてすでに決まっている金額を設定している事務所もあるそう。


ですが最近は、着手金の費用が掛からない事務所も多くなっております。依頼時に費用を用意するのが難しい方は着手金無料の事務所を選びましょう。

基本報酬とは

過払い金請求が和解に至った場合や、裁判に勝訴した場合に支払う固定の報酬です。基本報酬は、解決報酬金とも呼ばれています。この基本報酬は過払い金請求に成功した際にかかる費用です。 もし、過払い金請求を回収できなかったり裁判で敗訴になった場合には、支払う必要はありません。 基本報酬は、多くの場合貸金業者1社に付きいくら(相場はおおむね2万円)という設定がされています。 金額も法律事務所や司法書士事務所によって差があるのです。 中には、固定報酬として、基本報酬を最初に設定していないところもあると思います。 この基本報酬のことは、成功報酬や過払い返還報酬と呼ばれています。 基本報酬は、多くの事務所が定めている事案解決後の割合報酬とは別ものなので注意が必要です。

成功報酬とは

過払い金請求が話し合いで和解になる。もしくは、裁判で勝訴になった際に、支払わなければならない費用になります。 成功報酬は別の言い方では、解決報酬や過払い返還報酬などと呼ばれています。 成功報酬は、日本司法書士会連合会で上限が決まっています。 日本司法書士会連合会で、話し合いで和解にとなる場合は、取り戻した過払い金の合計額×20%」裁判で勝訴になった場合は、取り戻した過払い金の合計額×25%」と定められています。

減額報酬とは

行なった過払い金請求が「借金の返済中」である場合、もしくは、「借金残高を過払い金請求で減額する」場合に、発生する可能性があるものです。 減額報酬は、日本司法書士会連合会で上限が決まっています。 「貸金業者側が主張する債務額」と、「債務者が支払うことになる債務額」の差額の10パーセント以下と定められています。

訴訟手数料・日当交通費

専門家の中には、過払い金請求裁判を行うにあたり、別費用として訴訟手数料・日当交通費を請求してくる場合があります。 訴訟手数料は、賃金業者1社あたり、5万円ほど、日当交通費は、裁判所に出廷する際に1万円ほどかかります。

自分で行う場合

過払い金請求の手続きをする場合は、ご相談者が負担することになります。 交通費や専門家と連絡する場合の費用もかかることに注意しましょう。

実費で必要なもの

交通費・書類の郵送に必要な切手・収入印紙などです。
 さらに、裁判になった場合は、裁判費用も実費として負担することになります。

裁判で必要になる代表者事項証明書

裁判を行う場合は、代表者が商業登記簿に登録されていることを証明するものが必要になります。(※相手が貸金業者などの法人(会社)である場合のみ) 取得するには、法務局に向かう・郵送・インターネットの3つがあります。

法務局に行く場合

書類に会社名・本社を記入します。手数料は収入印紙で600円。

収入印紙代について 裁判をするには裁判所に許可申請時の手数料・訴訟費用・罰金の時に必要な費用として収入印紙代で納めることが定められていて、裁判で
過払い金請求を解決する場合に必須です。収入印紙代は過払い金の請求額で変わります。

―請求する過払い金―

▶︎請求額が100万円までの場合 10万円増えるごとに1,000円ずつアップ

▶︎100万円以上~500万円以下の場合 20万円増えるごとに1,000円ずつアップ

▶︎500万円以上~1,000万円以下の場合 50万円ごとに2,000円ずつアップ

郵送の場合

インターネットの場合申請書をネットでダウンロードして、必要事項を記入後、法務局に郵送。すると、数日後に自宅に届きます。

提出するもの

訴状・金利計算書・取引履歴の書類を3通ずつ提出します。3通の理由は、裁判所用、相手方用、自分の控えとしてそれぞれ管理するためです。

また、裁判所に郵便で連絡する時は、予納郵券という郵便切手も提出する必要があります。

裁判所ごとに、大きな差がありものではなく、6,000円前後の費用となります。 実費の際は、依頼時に確認するようにしてください。 裁判で勝訴した場合は相手側に郵送費用を請求することができるので、あまり分が返還されます。

インターネットの場合

HP内で、申請者情報を登録。その後、請求書を作成して送信。

過払い金請求で依頼する事務所をお悩みなら杉山司法書士事務所

\消費者金融から恐れられる/

杉山事務所は週刊ダイヤモンド誌で過払い金請求金額が日本一と取り上げられました。借金問題は毎月3000件の相談と毎月5億円の過払い金回収額を誇る事務所にお任せください。

相談者様の状況に合わせて、過払い金請求プランを提案します。まずは無料相談で相談してください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求の依頼する専門家を選ぶコツ

事前の見積もり

専門家に頼む時のポイントは、 「事前に見積もりを出してもらうこと」 初めて利用する司法書士事務所や弁護士事務所の場合は、特に注意が必要です。それは、使途不明のお金を請求されないようにするためです。

司法書士か弁護士か司法書士の方が費用が安い

司法書士か弁護士か

過払い金請求を専門家へ依頼する場合は弁護士と司法書士の2択です。 以前は、法律に関することは弁護士のみでしたが、法改正後は、司法書士も一部のものに限り行えます。 報酬の相場を比べると、弁護士より着手金の上限も定められている司法書士の方が、全体的には費用を安く抑えることができます。 しかし、代わりに司法書士の業務内容には制限が設けられています。

司法書士か弁護士の見極め

実際に専門家に頼むとなっても・・・ 「司法書士がいいのか、弁護士がいいのかわからない」 「同じ専門家なのになぜこんなに費用が違うの?」 という疑問が湧いているかと思います。

明確な判断基準の1つとして、 「貸金業者1社の債権額が140万円以下」 「貸金業者1社の債権額が140万円以上」 というものがあります。

貸金業者1社の債権額が140万円以下は司法書士

過払金請求で発生する報酬相場を弁護士と司法書士で比べると、弁護士より司法書士の方が、費用を安く抑えることができます。着手金の上限も定められている からです。ですが、司法書士の業務内容には制限が設けられています。さらに、司法書士が過払い金請求できるのは、貸金業者1社の債権額が140万円以下のみです。なので、債権額が140万円以下でかつ費用をかけたくなければ、司法書士に相談してみることがお勧めします。

貸金業者1社の債権額が140万円以上は弁護士

実は、債権額で判断する以前に、代理人として交渉可能な弁護士に依頼した方が良いケースもあります。 過払い金請求が話し合いで和解にならずに終了した場合で訴訟を起こした場合、弁護士は債務者の代理人として、裁判所での手続きをすべてお任せすることが可能です。

司法書士の場合は、裁判所での手続きなどは全て自分自身で行わなければいけません。手間の面を考慮すると、最初から弁護士に依頼した方がいいでしょう。

以上司法書士と弁護士について話しましたが、過払い金請求を依頼した時に債権者と話し合いを行い、回収するということを考えると、司法書士も弁護士も同じです。 過払い金請求を依頼した人にとって最も重要なのは、返還されるべき過払い金が、返還されることであると思います。

弁護士や司法書士という肩書きを見るのではなく、過払い金の金額をどちらが多く取り戻してくれるのかという点を考えましょう。

報酬金が低い弁護士事務所を選択

過払い金請求で発生する弁護士報酬費用は、現在は過払い金戦争の激化で税抜き18%や16%まで下げている弁護士事務所があります。規定では20%を超えない範囲とされているためです。なので、悪徳な弁護士に相談しない限りはどの法律事務所でも差はないので、安いところをお選びください。

過払い金請求で依頼する事務所をお悩みなら杉山司法書士事務所

\消費者金融から恐れられる/

杉山事務所は週刊ダイヤモンド誌で過払い金請求金額が日本一と取り上げられました。借金問題は毎月3000件の相談と毎月5億円の過払い金回収額を誇る事務所にお任せください。

相談者様の状況に合わせて、過払い金請求プランを提案します。まずは無料相談で相談してください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

専門家に費用を支払うタイミング

ここまできて、 「司法書士や弁護士といった専門家に支払うお金がない」 「過払金請求を諦めようかな・・・」 なんて思う必要はありません。

相談料や着手金といった初期費用が0円のところもあります。 過払い金が発生しているかどうかを無料で調査・計算してくれるところもあります。

着手金無料の弁護士

現在定められている弁護士報酬規定は、着手金などの費用は自由に設定できます。なので、着手金が無料になっている弁護士事務所があります。 着手金無料の弁護士を選ぶことで、おおよそ2万円程度の費用を削減することが可能です。

過払金返還時に費用の計算がされます

過払金に特化した司法書士や弁護士は、依頼した時にまとまったお金を用意できない人がいることを考慮して、費用お支払いのタイミングを過払い金が帰った時にしてます。なので、手続きが終わり次第、お支払いする費用の計算をします。

過払い金請求で依頼する事務所をお悩みなら杉山司法書士事務所

\消費者金融から恐れられる/

杉山事務所は週刊ダイヤモンド誌で過払い金請求金額が日本一と取り上げられました。借金問題は毎月3000件の相談と毎月5億円の過払い金回収額を誇る事務所にお任せください。

相談者様の状況に合わせて、過払い金請求プランを提案します。まずは無料相談で相談してください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

費用の清算方法

① 過払い金が発生して司法書士や弁護士のもとに入金 ② 依頼者の費用を過払い金の中から差し引いて、残りのお金を依頼者に口座に入金

正確な過払い金か確かめましょう

貸金業者との話し合いで和解した場合は和解書、裁判で判決がでた場合は判決書が作成されます。入金時は必ずチェックしましょう。

過払い金請求で依頼する事務所をお悩みなら杉山司法書士事務所

\消費者金融から恐れられる/

杉山事務所は週刊ダイヤモンド誌で過払い金請求金額が日本一と取り上げられました。借金問題は毎月3000件の相談と毎月5億円の過払い金回収額を誇る事務所にお任せください。

相談者様の状況に合わせて、過払い金請求プランを提案します。まずは無料相談で相談してください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼すると得られるメリットが多い

過払い金請求は、多くの人が専門家である弁護士や司法書士に依頼しておりますが、それはメリットが多いからです。

過払い金が希望額で返還されやすい

賃金業者に有利

専門家である司法書士や弁護士に依頼することができると、貸金業者と有利に交渉ができます。 賃金業者との最も大切なのは、交渉です。交渉次第では、返還される過払金が多くなったり少なくなったりします。

個人でやると、過払い金の知識も経験もあまりないので、交渉力が少なくて不利な立場になってしまいます。

手間・時間がかからない

時間がなくてもお任せができる

取引履歴の開示請求や計算などを任せられる

過払い金請求は、書類を準備、過払い金の計算を初めとした、複雑な手続きが多くあります。もちろん多大な時間がかかります。 ですが、時間を多くかけすぎると、過払い金の時効をむかえてしまう恐れがあります。 司法書士や弁護士に依頼することができれば、過払い金請求の豊富な知識量・経験量・ノウハウがあるので手続きを簡単にできます。 自分で過払い金請求をすると、6ヶ月~1年。司法書士や弁護士に依頼すると、3ヵ月~6ヶ月で解決できます。

督促がストップ

貸金業者からの督促が止まる

自分で過払い金請求の手続きをした場合、止まることはありません。 返済や督促が一時停止するのは司法書士や弁護士に依頼した場合のみです。

知り合いに気づかれない

借金の事実は秘密にしてもらえる

司法書士や弁護士などの専門家に過払い金請求の業務を依頼した場合、貸金業者や裁判所との連絡は、個人ではなく、司法書士や弁護士事務所が窓口になります。 個人で行う場合は、自宅に連絡がきたり、書類が届いたりするので家族や友人にバレる可能性が出てきます。

過払い金請求で依頼する事務所をお悩みなら杉山司法書士事務所

\消費者金融から恐れられる/

杉山事務所は週刊ダイヤモンド誌で過払い金請求金額が日本一と取り上げられました。借金問題は毎月3000件の相談と毎月5億円の過払い金回収額を誇る事務所にお任せください。

相談者様の状況に合わせて、過払い金請求プランを提案します。まずは無料相談で相談してください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求を自分で行うデメリット

「やっぱり専門家に頼まず個人で行いたい」 「専門家はあまり信用できない」

という場合は、自分でも過払い金を行うことはできます。 しかし同時にデメリット、も押さえておきましょう。

過払金請求を自分でおこなうデメリット

・過払い金が返還されるまでに多大な労力と時間がかかる。

・計算や交渉が困難

・専門知識がないと正確な過払い金の計算が不可能

・交渉に応じてもらえない場合がある。

・不当に低額の和解金額を提示されることがある。

・交渉でまとまらない場合、裁判で解決を図る必要ある

・裁判所に出頭する必要がある。

・相手方が代理人に弁護士を付けた場合、満足いく回収ができるとは限らない

・過払金が少なくなる可能性がある

・借金を返済中の場合、交渉期間も返済が続く

・借金をしていたことがバレる

過払い金請求で依頼する事務所をお悩みなら杉山司法書士事務所

\消費者金融から恐れられる/

杉山事務所は週刊ダイヤモンド誌で過払い金請求金額が日本一と取り上げられました。借金問題は毎月3000件の相談と毎月5億円の過払い金回収額を誇る事務所にお任せください。

相談者様の状況に合わせて、過払い金請求プランを提案します。まずは無料相談で相談してください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求をした時の比較

過払い金請求を自分でした場合と司法書士に依頼した場合

依頼した方が手元に残る金額が多い


過払い金150万円を和解で解決

費用について、相談料や着手金、その他の費用はゼロ、成功報酬が20%

過払い金返還率は、個人の場合は40%程度、司法書士の場合は60%~80%程度(過程)


16万円(返還額の20%)
  自分でした場合 依頼した場合
返還額 40万円(返還率40%) 80万円(返還率80%)
相談料・着手金 0円 0円
成功報酬 0円
手元に残るお金 40万円 80万円-16万円=64万

返還される過払い金の金額が多くなるので、その分費用は多くかかります。 それ以上に、返還される金額が増えるので手元に残る金額の方が増えます。

費用の安い事務所と実績のある事務所の比較

過払い金150万円において裁判で解決

安い事務所

▶︎相談料や着手金、その他の費用はゼロ、成功報酬が20%

実績がある事務所

▶︎相談料や着手金、その他の費用はゼロ、成功報酬が25%

専門家返還率は60%~100%程度司法書士がアコムと裁判した場合の返還率は60%~100%程度


25万円(返還額の25%)
  安さ重視の事務所 実績のある事務所
返還額 80万円(返還率80%) 100万円(返還率100%)
相談料・着手金 0円 0円
成功報酬 16万円(返還額の20%)
手元に残るお金 80万円-16万円=40万円 100万円-25万円=75万円

費用安いことが売りの事務所の中には、依頼した後のオプションの費用が高苦なる場合があります。

過払い金請求で依頼する事務所をお悩みなら杉山司法書士事務所

\消費者金融から恐れられる/

杉山事務所は週刊ダイヤモンド誌で過払い金請求金額が日本一と取り上げられました。借金問題は毎月3000件の相談と毎月5億円の過払い金回収額を誇る事務所にお任せください。

相談者様の状況に合わせて、過払い金請求プランを提案します。まずは無料相談で相談してください。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求は事務所によって返還率やかかる期間がかわる

事務所に連絡するとき、デメリットとメリットを説明してもらいましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金返還金額 月5億円
  • 過払い金返還金額が月5億円という圧倒的な過払い金請求の実績があります。過払い金返還の金額は、週刊ダイヤモンド誌にて日本一で紹介されています。事務所は全国に8事務所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、該当地域以外では出張相談を利用できます。

    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・高知・愛媛(松山)・岡山・広島・熊本と全国に7ヶ所あります。過払い金返還累積90憶円以上の実績ある事務所です。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90憶円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 費用は成功報酬制
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。状況に合わせた手続きを提案してくれます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。借金がどれくらい減額されるのかを無料診断。過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.5
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は費用においては、分割払いにしっかり対応しています。安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応なので、平日時間がとれない場合も安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事